創業

1966〜(昭和41年)

東急多摩田園都市開発とともに発展
土工工事から、ビル・官公庁施設建設へ

東急田園都市線の開通で都市化が加速。

土地整備に携わった技術をもとに株式会社を設立し、営業と信用を重ねて元請けへと辿り着く。

昭和41(1966)年

1月 横浜市緑区、港北区、川崎北部地区、東急田園都市沿線などを主として、土木一式工事業を行っていた。

昭和41年  東急田園都市線 (溝の口~長津田)開通

昭和43年  東名高速道路(東京~厚木間)開通

たまプラーザ駅開業

たまプラーザ駅開業

当時の会社は、五三相談役の自宅にあった

当時の会社は、五三相談役の自宅にあった


 

昭和44(1696)年頃

区画整理事業に伴い、浄化槽工事から、基礎工事も任せられ、とび・土工工事を行うようになる。当時、生コンが少なく手練りの砂を持ち込み、掘削も全て人力だった。

昭和45年 日本万国博覧会開催

上棟式での投げ餅

上棟式での投げ餅

浄化槽工事

浄化槽工事


昭和46(1971)年

7月 工藤建設株式会社設立。資本金300万円。従業員5名。「年間売上50億円」という目標、「Five Billion Club」の頭文字を取った“FBC”を掲げた。

昭和47(1972)年

9月 建築物件第1号となる「美しが丘ビル」を手掛ける。創業者の父や叔父の松本晴久氏が営業に協力した。

昭和48年 第1次石油ショック

創業の頃 本社前にて

創業の頃 本社前にて

たまプラーザ駅近くに立つ美しが丘ビル

たまプラーザ駅近くに立つ美しが丘ビル


昭和50(1975)年

6月 美しが丘5丁目宅地造成。この頃は、客先の畑の草取りを手伝いながら、営業をしていた。

昭和51(1976)年

2月 建設工事業・土木工事業の許可を神奈川県知事より受ける。下請けから元請けへ転換し始める。

4月 高卒の新卒採用開始、第1回入社式。本社増築。

6月 一級建築士事務所として登録。

昭和52(1977)年

3月 横浜市立榎が丘小学校増築工事。横浜市学校建設公社より表彰される。

昭和51年 東急田園都市線(すずかけ台~つきみ野)開通

昭和52年 あざみ野駅開業

美しが丘5丁目 宅地造成

美しが丘5丁目 宅地造成

横浜市立榎が丘小学校

横浜市立榎が丘小学校


昭和54(1979)年

1月 港北ニュータウン街区整地工事。
7月 株式会社日建企画(旧)を設立。第1回安全推進大会を本社会議室で開催。

昭和55(1980)年

3月 当社初の学校新築工事となる「横浜市立あざみ野第一小学校」竣工。

昭和54年 第2次石油ショック

昭和57年 たまプラーザ東急SC開業 川崎市宮前区・麻生区誕生

横浜市立あざみ野第一小学校

横浜市立あざみ野第一小学校

横浜市立あざみ野第一小学校


昭和56(1981)年

4月 横浜市旭区の若葉台積立分譲住宅共同住宅竣工。

7月 創業15周年記念式典を熱海の大野屋で行う。年商50億円の目標を達成。

若葉台積立分譲住宅共同住宅

若葉台積立分譲住宅共同住宅

創業15周年記念式典

創業15周年記念式典


昭和58(1983)年

10月 上麻生線排水路整備開始。

12月 本社社屋を増築。

昭和59(1984)年

4月 二桁の新卒社員を採用。

昭和60(1985)年

6月 東京都港区に東京支店を設置し、中央官庁主体の営業活動を開始。

昭和61(1986)年

4月 工藤英司現社長入社。

7月 創業20周年記念式典を緑山スタジオで行う。

10月 有限会社東洋リースを設立(現:株式会社東洋リース)。

昭和58年 新横浜~元石川線開通

昭和60年 横浜市営地下鉄(横浜~新横浜)開業 科学万博-つくば '85開催

昭和59年入社式

昭和59年入社式

創業20周年記念式典

創業20周年記念式典


anchor

発展

1988〜(昭和63年)

新社屋のもと、新しいステージへ地下室付き住宅販売、介護事業を開始

時代のニーズに応えて住宅事業を開始し、東京証券取引所第二部上場を果たした。

環境に配慮し、地域社会に貢献する活動も。新たに介護事業にも参入した。

昭和63(1988)年

7月 新しい工藤計画として“Beingプロジェクト”を結成。

10月 現在のコーポレートマーク誕生。ホリディイン横浜で8時間の“10.26イベント”を開催。

昭和63年 横浜線全線複線化

涼大会での新シンボルマーク発表

涼大会での新シンボルマーク発表

昭和63年 本社上棟式

昭和63年 本社上棟式


平成元(1989)年

1月 新社屋完成。本社社屋を現在地横浜市緑区(現:青葉区)に移転。

3月 横浜博覧会YES’89の「MEAT&MEET THEATER」竣工。

平成元年 横浜市制100周年  ベイブリッジ開通

完成当時、福利厚生用として 5階に風呂とサウナがあった

当社の単独設計・施工 横浜博覧会のMEAT&MEET THEATER


平成2(1990)年

6・7月 初めての海外研修でシンガポールへ。

8月 宅地建物取引業者の免許登録。

10月 フローレンス事業本部設置。

平成3(1991)年

4月 分譲マンションの第1号物件「フローレンスパレス青葉台」の販売を開始。フローレンスブランドの足がかりとなった。

平成3年 湾岸戦争勃発・バブル経済崩壊

3泊4日のシンガポール研修

3泊4日のシンガポール研修

フローレンスパレス多摩川南六郷

フローレンスパレス多摩川南六郷


平成5(1938)年

7月 初代会長(工藤五三の父、久作氏)銅像除幕式。

9月 工藤次郎(現会長)社長就任。

平成7(1995)年

3月 横浜市青葉区総合庁舎竣工。

7月 住宅事業部設置。住宅事業を独立した事業として本格的に開始。

10月 カナダの先進的な住宅造りを学びに、現地で1カ月間研修をした。

平成8(1996)年 5月

地下室付き輸入住宅「フローレンスガーデン」販売開始。

平成5年 横浜市営地下鉄(新横浜~あざみ野)開業

平成6年 横浜市青葉区・都筑区誕生

平成7年 阪神淡路大震災

本社1階エレベーター前にある 新社屋竣工時 銅像を囲んで

本社1階エレベーター前にある 新社屋竣工時 銅像を囲んで

カナダ研修

カナダ研修


平成9(1997)年

4月 東京証券取引所市場第二部上場。県内建設業で初の上場会社となる。

6月 クイーンズスクエア横浜竣工。

9月 高速鉄道1号線(横浜市営地下鉄ブルーライン)葛の口土木工事完工。

平成9年4月11日 東証二部に上場した

平成9年4月11日 東証二部に上場した

東証二部上場

東証二部上場


平成10(1998)年

1月 株式会社みらいテクノハウス設立。

3月 東名高速道路横浜青葉IC竣工。

4月 横浜国際プール竣工。

12月 建設事業本部(建築)において国際品質保証規格「IS09001」を取得。

平成12(2000)年

11月 「 KUDO高断熱地下室構造工法」日本建築センターの認定取得。

平成14(2002)年

6月 分譲マンション事業撤退。

10月 横浜港大さん橋国際客船ターミナル竣工。平成16年に建築業協会賞受賞。

平成10年 長野冬季五輪・横浜ベイスターズ優勝

平成11年 横浜市営地下鉄(戸塚~湘南台)開業

平成13年 米同時多発テロ

平成14年 FIFAワールドカップサッカー・日韓共同開催

神奈川建築コンクール一般建築物部門 奨励賞を受賞した「横浜国際プール」

神奈川建築コンクール一般建築物部門 奨励賞を受賞した「横浜国際プール」

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

横浜港大さん橋国際客船ターミナル


平成15(2003)年

6月 横浜環境保全活動賞を受賞。

7月 株式会社日建企画(旧)より新設分社型分割により株式会社サンビルドを設立。

12月 介護事業開始。グループホーム・デイサービス「フローレンスケアたかつ」開所。

平成16(2004)年

3月 高速鉄道4号線(横浜市営地下鉄グリーンライン)富士見ケ丘工区土木工事完工。

5月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア美しが丘」開所。

平成16年 みなとみらい線開通

驚神社曳家工事

驚神社曳家工事

フローレンスケア美しが丘

フローレンスケア美しが丘


anchor

広がり

2005〜(平成17年)

新しいチャレンジが実を結び
評価される安心・安全・高品質

多能工が活躍する直営室、リノベーション営業課、建物管理事業部を開設。

補修・改修工事が高評価を受け、新しい住宅のスタイルも提案。

平成17(2005)年

4月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケアたまプラーザ」開所。

7月 介護事業部を設置。

9月 工藤英司社長就任。

平成18(2006)年

1月 直営室(多能工)開室。

4月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア港南台」開所。高齢者住宅・居宅介護支援事業所・訪問介護事務所「フローレンスケア宿河原」開所。

7月 リノベーション営業課設置。

10月 第1回フローレンスガーデン オーナー様感謝祭開催。

11月 生麦樋管改築工事(関東地方整備局より表彰)。

平成17年 愛知県で「愛・地球博」開幕

フローレンスケアたまプラーザ

フローレンスケアたまプラーザ

耐震補強を施した雇用促進菅田宿舎

耐震補強を施した雇用促進菅田宿舎

直営室

直営室

フローレンスケア港南台開所披露式

フローレンスケア港南台開所披露式


平成19(2007)年

7月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア聖蹟桜ヶ丘」開所。介護事業の東京進出を果たした。

10月 株式会社日建企画(旧)の建物管理事業部門を吸収合併し、建物管理事業部を設置。

11月 フローレンスガーデン練馬営業所開所。

平成20(2008)年

5月 神奈川県で初となる「100年定借分譲Garden Hill」完成(長期優良住宅先導的モデル事業)。

7月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア芦花公園」「フローレンスケア荻窪」を開所。

平成19年 世界金融危機・郵政民営化

平成20年 横浜市営地下鉄(中山〜日吉間)開通

建物管理事業部を設置

建物管理事業部を設置

ガーデンヒル

ガーデンヒル


平成21(2009)年

5月 介護付有料老人ホーム「フローレンスケア横浜森の台」開所。横浜市住宅供給公社の第一号施設に。

平成22(2010)年

10月 本社ショールーム、全面改装リニューアル。

平成23(2011)年

1月 ガーデンエクステリアFCエスティナに加盟。エスティナ横浜青葉開設。太陽光発電と電気自動車を装備した「創エネRC住宅」の販売を開始。

2月 中区宮前橋補修工事(横浜市優良工事施工業者表彰)。乾式吹付耐震補強工法によるインフラの長寿命化を行う。

平成21年 横浜開港150周年・港北区制70周年

平成22年 たまプラーザ テラス全館開業・羽田空港新国際線ターミナル開業

平成23年 東日本大震災

本社ショールーム

本社ショールーム

自宅でエネルギーをつくり出す創エネRC住宅

自宅でエネルギーをつくり出す創エネRC住宅


平成24(2012)年

4月 ライフスタイル提案空間「はないえ」オープン。

6月 建物管理戸数7,000戸達成。

10月 横浜市の「横浜型地域貢献企業」に認定。障がい者雇用事業所「サポートオフィス」開所。

平成24年 東京スカイツリー開業・高速横浜環状北西線事業に着手

体感型オープンハウス「はないえ」

体感型オープンハウス「はないえ」

横浜型地域貢献企業

横浜型地域貢献企業


平成25(2013)年

4月 障がい者雇用事業所「フローレンスケア リンクス」開所。

10月 エスティナ練馬開設。

平成26(2014)年

2月 横浜市立大学理科館改築工事(横浜市優良工事施工業者表彰)。

3月 本牧ふ頭A突堤岸壁改修工事。

6月 建物管理棟数400棟達成。

8月 建物管理事業部で、入居者優待サービス「KAN DO club」開始。

平成25年 富士山が世界文化遺産に

横浜市立大学理科館

本牧ふ頭A突堤岸壁改修工事


平成27(2015)年

12月 全国ガーデンエクステリアコンテスト、2年連続金賞&銀賞受賞。

平成28(2016)年

1月 第3回全国魅せる現場コンテスト総合最優秀賞。

平成27年 横浜マラソンがフルマラソン化

ガーデンエクステリア

ラスール金沢文庫


〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川4-33-10

TEL: 045-911-5300(代表) FAX: 045-911-3960

Copyright© KUDO CORPORATION All rights reserved.